料理長はこんな人

阿部和剛

 

川島町に生まれ育つ。

徳島県立川島高等学校を卒業後、辻学園調理技術専門学校へ。

その後、大阪、徳島の老舗料亭での修行を経て、「和亭」オープン。 

 

素晴らしい奥さんと可愛い子供たちに支えられ、川島町で料理人として生きています☆  

時々、竹細工で模型を作ったりもしています。

 

 

料理長のブログ : 川島町に生きる

 

上の画像は、愛用の包丁です。

刀鍛冶に作ってもらった本焼き包丁です。材料は日本古来から伝わる玉鋼です。

 

右のは、料理学校時代のものです。修業時代を共に過ごした相棒です。 道具は大事に使えば一生使えるのです。

 

道具にもお客様にも「ありがとう」の気持ちを持って。

写真家として (ギャラリー)

実は、日本風系写真協会に所属する写真家でもあるのです。

 

日々、川島町をはじめ吉野川市の素晴らしい景観を撮り続けています。

こういう風景こそ、次世代に残すべきだと思う!

竹細工職人として

 

画像は、「平家屋敷」です。現在の大河ドラマ「平清盛」でおなじみの平家の屋敷です。

外面だけでなく、内部も当時の建築様式にこだわって作ってます!